交通事故と遷延性意識障害

植物状態を示す遷延性意識障害は、交通事故による後遺障害等級認定の中でも、最上位の1級1号を認定し得る後遺障害です。損害賠償金も多額になる可能性があり、それだけに保険会社とのトラブルが発生しがちです。そのため、早い段階で、弁護士に相談をしておくのが得策です。交通事故の被害者本人が意識障害に陥っている状態ですから、関連する手続きは成年後見人が行います。成年後見人の専任は、家庭裁判所への申し立てが必要。成年後見人が決まらないと、損害賠償の請求にも進むことができません。家族が成年後見人になることも可能ですが、弁護士が選任を受けて諸々の手続きを行うこともあります。

遷延性意識障害の場合にトラブルになりやすいのは、被害者が将来的に寝たきりになることから、生活費がそれほど必要にならないのではないかといったことから、余命を制限されやすいなどの理由にあります。被害者側としてはショックを隠せない加害者側の主張ですが、実際にそのような主張が多いのは事実。分割払いにしてほしい、在宅介護ではなく病院での治療でないと損害賠償を支払えないなど、いくつもの争点が出やすいのです。

このようなトラブルにも、しっかりと対応してくれるのが、弁護士の役目。過去の判例などをもとに、保険会社に専門的な主張を行ってくれます。裁判になった場合でも、弁護士に弁護を依頼することにより、慰謝料が大幅に増額されたというケースが、後を絶ちません。