慰謝料の増額請求

遷延性意識障害という、後遺障害等級認定でも最上位の後遺障害にいたってすら、損害賠償の請求にはトラブルが生じがちです。多くの場合、遷延性意識障害の被害者に多額の損害賠償金を支払う必要があるのかといった流れになりやすいのが現実です。これには、被害者の家族などが参ってしまいます。適正な損害賠償が支払われるために、主張しては反論されるの繰り返しになることもあり、結局は不本意な妥協をして十分な損害賠償金を受け取れない被害者側も多いのです。そのようなとき、複雑な手続きや交渉ごとに専門的な知識で応じて頼りになるのが、弁護士です。

弁護士が保険会社との間に入って交渉することにより、慰謝料の増額請求につながることも多いのです。これは、裁判になったときにも、いえること。実際に、弁護士が対応したことで、慰謝料が大幅に増額した判例は、数多くあります。弁護士も、過去の判例を参考にしながら対策を練りますから、関連する判例に熟知していたり、手掛けていたりすることが弁護士選びのポイント。遷延性意識障害という、被害者の意思は聞き取れない状態になったとしても、親身になって対応してくれる弁護士に相談を依頼することをおすすめします。

参考HP【弁護士法人アディーレ】